• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5740
  • 公開日時 : 2019/06/25 19:43
  • 更新日時 : 2019/07/08 16:41
  • 印刷

(住宅ローン)借り換えの際の返済期間はどうなりますか?

回答

■フラット35
15年以上35年以内(ただし、お申込ご本人または連帯債務者の年齢が満60歳以上の場合は10年以上)で、かつ次の(1)または(2)のいずれか短い年数(1年単位)が上限となります。

(例)当初の住宅ローンの借入日から借換融資のお申込日までの経過期間が10年3ヶ月の場合
【最長のお借入期間】:35年-11年(10年3ヶ月の1年未満切り上げ)=24年

<ご注意> 上記の結果、お借入期間が15年(ただし、お申込ご本人または連帯債務者の年齢が満60歳以上の場合は10年)より短くなる場合は借換融資の対象となりません。
(1) 「80歳」-「お借り換えのお申込時の年齢」
年収の50%以上を合算した収入合算者がいる場合には、お申込と収入合算者のうち、いずれか年齢の高いかたを基準とします。(1年未満切り上げ)
親子リレー返済をご利用される場合は、収入合算者の有無に関わらず、後継者のかたの年齢を基準とします。(1年未満切り上げ)
(2) 「35年」-「当初の住宅ローンの経過年数(1年未満切り上げ)」
 
■変動金利(固定特約付き)
次のいずれか短い年数。
(1) 1年以上、35年以内(1年単位)
(2) 完済時年齢が満80歳となるまでの年数
(3) 35年から、住宅を取得した当初の住宅ローンの経過期間を減じた年数

★問題は解決しましたか?