• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 9009
  • 公開日時 : 2019/06/26 10:28
  • 更新日時 : 2019/07/11 10:53
  • 印刷

長期間利用していない預金はどうなりますか?

回答

お客さまによるご利用が長期間ない場合、お取引を一時停止させていただく場合があります。

対象となる預金取引
  • 外貨普通預金の場合
    最終取引日より10年間利息付与以外の取引がない預金
  • 外貨自動継続定期預金の場合
    初回満期日より10年間利息付与以外の取引がない預金
  • 円貨普通預金の場合
    最終取引日より10年間利息付与以外の取引がない預金※1
  • 円貨自動継続定期預金の場合
    初回満期日より10年間利息付与以外の取引がない預金※1
※1 最終取引日の時期により、以下のとおり取り扱いが異なります。

最終取引日が2008年12月31日までの場合は、「睡眠預金」として取扱います。

最終取引日が2009年1月1日以降の場合は、「休眠預金※2」として取扱います。

※2「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」および同施行規則にもとづいて取り扱います。

円貨普通預金・円貨自動継続定期預金の休眠預金については、こちらをご覧ください。

事前のお知らせ
  1. メッセージボックスおよびメールによるお知らせ

    対象となる全てのお客さまには、事前に預金取引の一時停止の手続きを開始する時期を、取引画面にログイン後のメッセージボックスおよび登録いただいているメールアドレス宛にお知らせします。

  2. 郵便によるお知らせ

    郵便にてお客さまに「ご利用に関するご案内」をお送りします。

    郵便が到着したお客さま
    お取引を継続してご利用いただけます。
    郵便が到着しないお客さま
    お取引を一時停止させていただきます。
    • 外貨普通預金の残高が10,000円以上の場合※3、外貨自動継続定期預金の残高が10,000円以上の場合※3
    • 円貨普通預金・円貨自動継続定期預金が睡眠預金の対象で、かつ残高が10,000円以上の場合
    • 外貨普通預金の残高が10,000円未満の場合※3、外貨自動継続定期預金の残高が10,000円未満の場合※3
    • 円貨普通預金・円貨自動継続定期預金が睡眠預金の対象で、かつ残高が10,000円未満の場合、および円貨普通預金・円貨自動継続定期預金が休眠預金の対象の場合
                  郵便によるお知らせはお送りしません。
                  ※3 当行が定めた日の基準レートで円換算して10,000円を基準とします。

円貨普通預金・円貨自動継続定期預金の休眠預金については、こちらをご覧ください

お取引の利用が一時停止となった場合は、ログイン後の画面にて取引停止中の旨が表示されます。
改めてご利用もしくは解約を希望される場合には、所定の手続きが必要となりますので楽天銀行カスタマーセンターへご連絡ください。

★問題は解決しましたか?