• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 9709
  • 公開日時 : 2019/06/26 10:31
  • 印刷

新・楽天銀行FX(店頭外国為替証拠金取引)のレバレッジについて教えてください。

回答

レバレッジとは「てこ」を意味しています。

外国為替証拠金取引では、投資用の円資金を「証拠金」として差し入れることによって、その円資金の何倍もの量の外貨ポジションを保有することができます。その何倍もの取引ができることを「レバレッジをかける」といいます。

お客さまの投資経験や資産状況に合わせて、レバレッジコースを選択してください。

(例1) 1米ドル=100円の時に、10万円を証拠金に1万米ドルの買い(あるいは売り)を行った場合

 (10,000米ドル×100円)÷ 100,000円 = 10倍

この場合、レバレッジは「10倍」ということになります。

(例2) 1米ドル=100円の時に、4万円を証拠金に1万米ドルの買い(あるいは売り)を行った場合

 (10,000米ドル×100円)÷ 40,000円 = 25倍

この場合、レバレッジは「25倍」ということになります。

このように、外国為替証拠金取引はレバレッジによって大きなポジションを取ることができますが、損益も(例1)では10倍、(例2)では25倍になるため、リスクの高い取引であるといえます。

外国為替証拠金取引は、少ない資金でより大きな金額の取引を行うことができます。また為替相場の変動等により証拠金預託額以上の損失を生じる場合がありますので、内容を十分ご理解いただいたうえでお客さまの判断と責任においてお取引ください。

★問題は解決しましたか?